保健部分科会について

 養護教諭の先生方の参加を頂くこととなり、本校保健部の研究についての意見交換や教護教諭間での情報交換を行いたいと考え、保健部会を設定することといたしました。
 分科会では、二年次の取り組みについて報告します。主に、知的障害児への歯磨き指導について協議できればと考えています。養護教諭がいかに他の教員と連携を図り、保健指導を進めていくか。そして、専門性を発揮していくか等 課題は山積しています。
 助言は、本校校長でもある教育学部の 山本万喜雄 教授 にお願いしました。アットホームな雰囲気の中で進めていきたいと思っています。




 ポスター発表について

○『保健室を利用した効果的な歯磨き指導のあり方〜構造化と視覚化を目指して〜』

  実践事例をもとに、歯磨き行動の発達過程について発表いたします。  
※ 今次の研究では、保健室での養護教諭の専門性を生かした知的障害児へのしか保健指導をより深く効果的に指導するため、Treatment and Education of Autistic Related Communication Handicapped Children(1972年,North Carolina 大学の医学部の精神医学科に設置された)プログラムを参考しにました。

『健康管理能力を高める工夫と実践〜歯磨き指導を中心に〜』

  実践経過についてポスターで発表いたします。